TEL 044-813-4518
一般精密板金  有限会社 トワダ

精密板金加工とは

金属の平板に加工を施して製品の形にするのが板金加工です。金属の板を切ったり、曲げたり、くっつけたりしながら形にしていくのです。そう、折り紙を金属でしているようなものだと思ってください。板金加工の中でも、電子機器等の、部品及び筐体などを製造するための高い加工精度・寸法公差が要求される板金を精密板金加工と言います。

板金加工の工程

1.図面展開

板金加工用の図面は第3角法により書かれています。この図面を元に、板金でどのように形にするかをイメージしなければならないので、この図面展開の作業はとても重要です。

図面

2.抜き加工

金属板を展開図のように型抜きするには、NC機を使います。NC機を動かすためには展開図形を抜くための個別プログラムを作成し、このプログラムによりNC機を動かし、抜き加工を行います。

EMZ小

3.前加工(バリ取り・タップ加工)

抜き終わった金属板には、バリ(切断面にできる切り残し)があるので、この時点で後工程と怪我防止のために、このバリ取りを行います。また、タップ加工(ねじの穴開け)もこの時点で行います。

前

4.曲げ加工

前加工が終わった平板に曲げ加工を施し、製品の形に近づけます。曲げ機械の特性上どうしても曲がらない形が出てきます。展開図を作る時に、曲げや溶接の事を考えておく必要があります。

曲げ

5.溶接

溶接とは、金属同士を熱で溶かして接合することです。スポット溶接は、接合部分に高い電圧をかける事により、金属同士を溶かして一瞬にして接合するので、仕上りがきれいで丈夫です。

6.仕上げ

溶接により接合部に盛り上がりができたり、また製作途中で表面に傷がついたりします。それを平らにしたり、磨いたりしてきれいな製品に仕上げます。

Point1.gif

依頼

依頼はお電話、メール、ファックスでも受け付けております。

Point2.gif

設計・データ入力

お客様の仕様書から製作仕様書を作成し、立案設計に基づいて、盤の製造図面を作成します。